2010年4月よりシンガポールでの生活をスタート。趣味のカメラ:NikonD60で撮った写真を交えながら、シンガポールでの生活を綴ります。 リンクフリーです


by lovelynn311
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

告知

昨日、シンガポールへ引越すことをついに子供に伝えました。

「パパとママから大事な話があるからお座りして」と言うと、いつもと違う真剣な雰囲気を感じ取ったのか、素直にお座り。

園長先生からのアドバイスで、泣いてもいいから、今回は旅行じゃなくて住むんだということをちゃんとわかるまでよく話すべき、と言われていたのでそうすることにしました。

どんなリアクションが返ってくるか、こっちもドキドキしながら。。。。

今まではっきり言ってなかったけど、家での会話の中でこれまでより“シンガポール”という言葉がよく出たり、図書館でシンガポールに関する子供向けの本を借りたりしてたので、何となく何かは感じていた様子。
「ぜーったい嫌だからね!2回泊まるぐらいならいいけど」と断固反対してたので、こっちも伝えるのがドキドキだった訳です。

話もちゃんと聞いてくれないかと思ったのに、話し始めると予想とは反対に静かにお座りして聞いている。
泣き出しはせず、でも目に涙をいっぱいためて。。。。

その姿を見てもうパパもママも涙がガマンできなくなってしまいました。

そして「じゃあおうちはどうなっちゃうの?誰か知らない人が住むの?」「またいつかここに帰って来てみんなと同じ小学校行くの?」「シンガポールで新しい保育園行くの?」とパパとママに色々質問。

おうちがあるからまた必ず帰ってくることがわかると少し安心した様子でした。

今の保育園は卒園した子も運動会やお正月の獅子舞など園のイベントに遊びに来たりするので「リンちゃんもまた遊びに行けるよ。小学生になっても学童で行けるよ」と具体的に伝えると、ちゃんと理解していました。実際また帰って来るし、できればぜひ学童さんでもいいから今の保育園とのつながりを保ちたい。それほど素晴らしい保育園です。

そんな素晴らしい保育園を象徴することの1つが、先生たち作詞・作曲による卒園児の歌。毎年、卒園する一人一人のために、先生たちが作詞・作曲で歌を作ってくれます。
そしてそれはCDになってちゃんと残る。入園したときから大きくなっていく間、いろいろあった思い出やその子の個性を盛り込んだ歌です。

今回、年長として卒園する訳じゃないけれど、リンちゃんの歌も作ってもらえることになりました。
園長先生に大感謝です!!!
そのことを伝えると、沈んでいたリンちゃんも顔がパッと明るくなり、こっちもだいぶホッとしました。
どんな歌だろう。。。。。。楽しみ。聞いたら絶対泣くと思う。

ママになってからどんなことでもすぐ涙が出ます。
[PR]
by lovelynn311 | 2010-02-28 23:21 | 引越し準備