2010年4月よりシンガポールでの生活をスタート。趣味のカメラ:NikonD60で撮った写真を交えながら、シンガポールでの生活を綴ります。 リンクフリーです


by lovelynn311
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

大事件発生 ~子供ネタ~

今日も写真はありませんが、大事件発生です。 

下手すると自分の人生、家族の人生、何もかも全部ひっくり返っていたかもしれない。。。。。 多分人生でもっともパニックになった瞬間だった。
出発間近なので、今日は子供を連れて美容院へ行った。絵本やお絵かきやちょっとしたおやつがあれば2時間程度ならじっと座っていてくれる子なので大変助かる。
美容師さんにジュースを出してもらい、アメももらい、しかも家から持ってアメも食べ、静かに隣で座ってたが、私がシャンプー台へ行くとひょろひょろと近寄って来て、そして「ママ~」とシャンプー台につかまって来た。 

「ほら!アメがお口に入ってるから危ないから座りなさい」 と言ったまさにその瞬間!

ゴックン。。。。アメを飲み込んだ。

直径1センチほどの、さほど大きくもないアメだったので、多少のどは痛いだろうがすぐ下に落ちるだろうと思った。 でも違ってた。

「ぜぇ~~~~、ぐぐぐうぐ、ぜぅうぅううう 」 何と喉につまってしまった。 

わたしはシャンプー台から飛び起きて、デジタルパーマの薬品をべったり髪の毛に付けたまま、そしてシャンプーの時のマントのようなヤツを来たまま17キロの子供を逆さまにして背中をドンドン必死で叩いた。
後で聞いたら隣にいた美容師さんは一瞬何が起こったかまったくわからなくてびっくりしたそうな。
背中を叩けど叩けどなかなか出てこない。その間どれくらいの時間だったのか、15秒か30秒か全然わからないが、子供の背中をバンバン叩きながら走馬灯のように私の頭はフル回転で、一瞬にしていろんな事を考えた。このまま出なかったらどうしようか。救急車!って言おうか。

そしてアメはいきなり他のものと一緒に『ポーン!』 と床に出た!!!
タイルの床に固いアメが「パツーン、パツーン、パツーン」とバウンドした。

なんかアレみたいだった。町内会とかの福引で、レバーを持って箱をぐるぐる回すと赤玉か白玉が出るアレ。
アメはそんな勢いで口から飛び出してきた。
1等のフランス旅行が当たるより嬉しかったことは言うまでもありません。
美容師さんたちもかなり興奮していました。別れ際「XXさん、絶対忘れませんよ!」といろんな意味を込めて言われた。

子供自身も相当びっくりしたらしい。「しばしぼうぜん」 もうアメもグミもキャラメルも絶対食べないと言っています。
その後自分の左胸を何度も触って「ドキドキしてるよ~」 と言うので、「びっくりしたね」と言うと、
「そうじゃなくて、ただ心臓動いてるか確かめてるの。動いてるよ、ドキドキ言ってるから」だって(笑)
(やはり言うことが子供です。動いてて良かったよ、ホント)

腰が抜けそうになり、そして何時間も経った今まだ興奮していて眠れません。
[PR]
by lovelynn311 | 2010-04-03 01:42 | こども